漢方薬局へ転職するには?

パート薬剤師 → 漢方薬局へパート薬剤師の転職

漢方薬局へパート薬剤師の転職

診察をしてもらうと、時に過剰な程薬を処方してもらう時がありますね。抗生剤は飲みきらなければなりませんが、日本は過剰投与のきらいがあります。そこで漢方薬局で薬剤師の募集が高まっています。
パート薬剤師の学歴はどの程度影響がある?

漢方薬とはいくつもの生薬の組み合わせたものです。漢方医学は体全体を「診る」ことで治療することを主にしています。つまり体の調子を整えることは、病気を治すことになるという考え方です。漢方薬は体の体質も合わせて体調や症状を診察し、処方するのです。ですから一律にこの薬を出しましょうというものではありません。

昨今では保険適用になる漢方薬が増えています。しかしながらすべての意思が漢方薬に精通しているわけではありません。薬と同じように漢方薬も過剰摂取をし、トラブルを招いている事案があります。

このようなことから漢方薬局で薬剤師が募集されているのです。しかし薬剤師の資格を持っていても、扱える漢方は多いのですが、漢方そのものを深く理解しているとは言い切れません。漢方薬局での薬剤師は、働きながら漢方医などに漢方について学んでいるようです。つまり漢方薬局の求人では未経験者であっても、薬剤師の事情を良く理解し、人材を育てるために教育制度を整備しているということです。

さて薬剤師が漢方薬局へと転職するにはどうすればよいでしょう。まず薬剤師の免許を持っていることはもちろんですが、漢方に対しての理解を深めようとする方であれば歓迎されるでしょう。漢方薬局での薬剤師は、都心部に多くありますが、地方での需要は少ないと言えます。

しかし、保険を適用できる漢方が増えたことから、西洋医学と漢方を合わせることを主題とした薬局も増えてきています。それは今まで得た知識や経験を活かしながら、新しく漢方という分野も学ぶということです。

漢方薬は一人一人の様子を見ながら処方されるものです。しかしこの利点は、漢方薬を良く熟知してからこそ発揮されます。現在の過剰とも言える薬の処方ではなく、漢方薬の理念に賛同したのなら漢方薬局への転職の道をお勧めします。

海外で薬剤師になるためには

薬剤師として海外に目を向けるとき、必要なスキルはなにがあるでしょうか。しかしなぜ海外に目を向けるのでしょう。それは日本よりも海外の薬剤師の方が好条件だからです。

また海外の方が研究テーマは多く、一度日本で研究を行ってきた薬剤師が、研究内容を深めるために留学する場合もあります。留学するためにはその国の薬剤師の資格を取得することが前提です。また当然のことですが、留学先の国の言語を専門的用語が話せるレベルにまで上げなければなりません。

現時点で働いている病院が、交換留学などで外国と交流がある場合は良いのですが、単独で海外の薬剤師として働こうと思うと、なかなか難しいものがあります。なぜなら日本で取得した薬剤師の資格は海外では通用しません。その国で新たに薬学部に編入し、卒業して薬剤師の資格を取得しなければならないからです。

では留学先はどのようなところがあるでしょうか。外国人の薬剤師が就労できる国として、アメリカやイギリス、オーストラリアやニュージーランドが挙げられます。

また薬剤師の仕事も、医師による処方箋によって薬剤を調合するのではありません。アメリカでは医師からの医療指示箋から薬剤を監査します。用量などは、患者の容態を見ながら自分で判断します。つまり、薬剤師のスキルがそのまま患者さんの治癒に関係してしまうのです。

このような経験は、患者の容態を見極める力を磨くことができますし、帰国した時外国人の患者に対して応用がききます。しかし外国で薬剤師の資格を取得し勤務した後で日本に帰国した場合、どのような働き先があるでしょう。

語学が堪能であり、研究実績を持っていれば製薬会社などが評価してくれるでしょう。例えば学術は英訳することが多く、専門単語などを流暢に使いこなす薬剤師は重宝されます。

このように海外での薬剤師は資格取得も含めて大変な道のりです。一方で薬剤師として経験や知識を極めることができるのも大きなメリットです。さらなる遣り甲斐を求めるのなら、海外で薬剤師を目指しましょう。(840文字)